短期に結果を求めない

記事追加日時:2014-03-19 15:09:50

特に入社してそれほどキャリアを積んでいない社会人に多いのですが、若さからか短期に結果を求めがちな傾向があります。仕事に対するやる気や熱心さは非常に評価できるのですが、あまり結果をすぐに求めるのはよくありません。

仕事には必ずといっていいほど、想定外のトラブルに遭遇するものです。そうしたトラブルをうまく調整しながら仕事というのは成功していきます。

また、能力がある社会人はいいのですが、自分はこんなにもがんばっているのに、どうして結果がでないのかと落ち込んでいる新人などを見ると、焦る気持ちは理解できますが、やはり早々簡単に結果が出るものではありません。営業なら、得意先や顧客にまずは顔を覚えてもらうことだけでも、それなりの時間が必要です。

土台といってもいいかもしれません。堅牢な土台がなければ立派な家を建てることはできません。

土台は人によって違ってきますが、新人は往々にして結果を求めすぎないことが大切だといえます。