与えられた仕事は何でも一生懸命にこなす

記事追加日時:2014-03-26 12:09:30

仕事をするうえで、大切な事は業務をきちんと遂行する能力ですが、その前に与えられた仕事は、どんな事でであれ、一生懸命にこなすという事がとても重要です。

日頃の業務には、雑務からプロジェクトまで、色々とあります。

特に入社したての頃等は、ほぼ雑務ばかりと言って過言はないでしょう。しかし、その雑務こそ一生懸命やる事を通して様々なメリットが生まれます。

雑務には、様々な大きな仕事と共通する点がいくつもあります。

なんてことのないコピーを取る作業や、お茶を出すなどの作業も、手を抜かずにきちんとこなせば、そこから色々と話が広がる事もあるのです。コピーの取り方が上手であれば、細かい作業に向いているとか、お茶を出す時に丁寧な対応をすれば、接客は任せて問題ないとか、大きな仕事をするときにも大切な共通点があるのです。

それを上司や、取引先の方等はきちんと見ている場合もあり、逆に手を抜いて一生懸命にこなしていない所を見られると、マイナス評価にもつながってしまいます。